スポンサーリンク

【MOスタン5-0】メインからアゾール!「白青吸血鬼モニュメント」【デッキ紹介】

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。

公式該当ページ(英語)

デッキリストはコチラ。

クリーチャー:24
4 《アダントの先兵》
2 《法をもたらす者、アゾール》
3 《雲先案内人》
4 《軍団の征服者》
4 《薄暮の殉教者》
3 《薄暮の使徒、マーブレン・フェイン》
4 《空渡りの野心家》

呪文:11
1 《否認
1 《征服者の誇り》
3 《オケチラの碑》
3 《イクサランの束縛》
1 《軍団の上陸》
2 《飛行機械による拘束》

土地:25
1 《オラーズカの拱門》
4 《氷河の城砦》
4 《灌漑農地》
4 《島》
8 《平地》
4 《シェフェトの砂丘》

サイドボード:15
3 《否認
1 《飛行機械による拘束》
4 《司教の兵士》
2 《断片化/》
1 《川の叱責》
2 《沈黙の墓石》
2 《呪文貫き》

マナコストと色のバランスです。
(サイドも込み)

ほぼ白の3マナまでのカード主体で構成されていますね。
メインでの青要素は5〜6マナ域でしか使わないので、土地のキープは白マナ優先ですね。

それではデッキの動きを見ていきましょう。

序盤

軽量吸血鬼を展開していきます。打点2が嬉しい野心家や、ねちっこいアダントの尖兵などでライフを削っていきましょう。
相手が削剥を使うならこの辺りを焼いてくれるとラッキーです。

中盤

唯一の吸血鬼シナジーを持つマーブレンを出しつつ、オケチラの碑を貼りましょう。
これらがあるとパーマネントがモリモリ増えるので、都市の承認も得やすくなります。

オケチラがある状態で征服者を引き込めると、2マナで同名を呼んでくるのでさらに戦隊の鷹感が増しますね。

終盤

雲先案内人やアゾールでアド差を広げていきます。
アゾールの能力は攻撃時のみなので、その後の展開をしっかり検討しつつ(X)の値を決めましょう。

十分に戦力が並んだら、承認を得た征服者の誇りやシェフェトの砂丘で全軍パンチ!前者はインスタントなので、ブロッカーが確定した後でジェントルに使うのもいいですね。

サイドボード

追加のクリーチャー、置物対策、墓地対策、そして打ち消し呪文などで構成されています。
リセットにもフィニッシャーにもなる川の叱責は1枚だけ採られています。


以上いかがでしたでしょうか。

フェロキドンが禁止されたおかげ(?)で絆魂やライフゲインが大いに活用できますね。

少し前に紹介した白青モニュメントとはまた違ったコンセプトなので、ぜひ見比べてみてください。

【MOスタン5-0】オケチラの碑ふたたび!「白青モニュメント」【デッキ紹介】
公式のMO構築戦の上位デッキリス...

こちらと比べると、今回のリストは発明の天使や軍団の上陸分よりリーズナブルですね。

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    か み た ば

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    司教の兵士か…
    吸血鬼サポートほぼ無いし拘らんでもいいような気が

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    オケチラの碑とのシナジー重視ならありだと思う

トップへ戻る