スポンサーリンク

【MO新環境・禁止改定スタン5-0】精製屋、霊気調和にさようなら!「ティムールエネルギー」【デッキ紹介】

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。

公式該当ページ(英語)

デッキリストはコチラ。

クリーチャー:24
4:《牙長獣の仔》KLD
4:《導路の召使い》KLD
4:《つむじ風の巨匠》KLD
4:《逆毛ハイドラ》KLD
4:《栄光をもたらすもの》AKH
4:《翡翠光のレインジャー》RIX

呪文:12
2:《削剥》HOU
4:《蓄霊稲妻》KLD
1:《本質の散乱》AKH
1:《至高の意志》HOU
1:《慮外な押収》KLD
1:《自然に仕える者、ニッサ》AKH
2:《反逆の先導者、チャンドラ》KLD

土地:24
2:《島》XLN
2:《山》XLN
4:《森》XLN
2:《根縛りの岩山》XLN
4:《尖塔断の運河》KLD
4:《霊気拠点》KLD
4:《植物の聖域》KLD
2:《隠れた茂み》AKH

サイドボード:15
3:《貪る死肉あさり》XLN
2:《帰化》RIX
2:《チャンドラの敗北》HOU
1:《呪文貫き》XLN
4:《否認》AER
1:《至高の意志》HOU
1:《慮外な押収》KLD
1:《造命師の動物記》AER

マナコストと色のバランスです。
(サイドも込み)

2マナ域が多く、序盤を支えながら4〜5マナ域を叩きつけていきます。
霊気との調和が禁止になった分、1マナ域は減っていますね。

それではデッキの動きを見ていきましょう。

序盤

エネルギー系のいつもの面々から、霊気との調和を抜いたようなスタート。
エネルギー2個からの牙長獣着地の安心感がなくなった分、プレイングが難しくなります。

中盤

ならず者の精製屋の代わりに入ってきたレインジャー。出た時に仕事して、後半は不要なカードを弾ける素敵なマーフォークですね。最大で4/3となり、精製屋より打点が増えている所もポイントですね。

つむじ風の巨匠はフェロキドン禁止によりイキっています。しかしエネルギーを得られるカードも減っているので、飛行機械を産むタイミングや回数はより吟味が必要ですね。

終盤

ガンガンに積み込まれたハイドラと栄光ブリンガー。スカラベやヴラスカがいなくなった穴を埋めるべく奮闘しています。
どうにもならないクリーチャーは、1枚刺しの慮外の押収を引き入れて何とかしましょう。

サイドボード

追加の除去やクリーチャーに加えて、万能置物対策の帰化、アド装置となる造命記が採用されています。


以上いかがでしたでしょうか。

霊気との調和とならず者の精製屋を禁止され4色から3色に戻ったエネルギーですが、スカラベ、ヴラスカを失った分、柔軟性は落ちている印象ですね。

参考までにスカラベ使いたい人用に、グリクシスカラーのデッキリストも載せておきますね。(同じくMO5-0)

クリーチャー:17
4:《光袖会の収集者》AER
4:《つむじ風の巨匠》KLD
2:《スカラベの神》HOU
3:《栄光をもたらすもの》AKH
2:《奔流の機械巨人》KLD
2:《貪欲なチュパカブラ》RIX

呪文:17
3:《致命的な一押し》AER
3:《削剥》HOU
4:《蓄霊稲妻》KLD
1:《本質の散乱》AKH
2:《至高の意志》HOU
1:《天才の片鱗》KLD
2:《ヴラスカの侮辱》XLN
1:《反逆の先導者、チャンドラ》KLD

土地:26
1:《島》XLN
1:《沼》XLN
2:《山》XLN
4:《竜髑髏の山頂》XLN
4:《水没した地下墓地》XLN
4:《霊気拠点》KLD
4:《尖塔断の運河》KLD
3:《泥濘の峡谷》AKH
3:《異臭の池》AKH

サイドボード:15
3:《夢盗人》HOU
2:《アズカンタの探索》XLN
2:《チャンドラの敗北》HOU
3:《否認》AER
1:《本質の散乱》AKH
2:《強迫》XLN
2:《破滅の刻》HOU

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    おお、早速レインジャー使われてて嬉しい

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    ヌッ 未開地は不使用ですな

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    ここの紹介わかりやすくてすき
    初心者の人に勧められる

トップへ戻る