スポンサーリンク

鈍行TALブログ その17 〜GP香港・上海旅行記その2〜

※その1はこちら

・香港2日目(土・本選1日目)

起床は朝5時。そんだけ早く寝てたら早く起きるもんだw

自動スリープインで10時半集合とかでしたが、早起きしちゃったもので8時には現地入り&朝食。

やることは特になかったけどアーティストエリアで暇していたrk postのところにいってトークンを買い漁りました。

香港は参加人数も日本などと比べて少ないのもあり、またrk post氏自体がトークンやプレイマットの販売が中心だったのもあり、整列などせずカードショップ同様に人が群がる感じだったのが特徴的でした。このトークン類は本人のサイトで販売もしていますので色々と眺めてみるのも面白いですよ。

さて本戦ですが、スリープインの人も早めにデッキ構築するよ!みたいな流れになったので、早めにパックをもらいデッキを構築しました・・・が、あまりにもカードが弱すぎかつシナジーも一切できないデッキで、勝ちに行けるカードもほぼないスッカスカプール。
ビートダウンにしたくてもコンバットトリックも装備品もなく、除去もないというイジメにあい5-4で初日落ちでした。これでもバブルマッチまでいった自分をほめてあげたいw

デッキはあまりにも弱かったので写真を撮り忘れていた状態ですぐ分解しちゃいましたが、LCTのようなデッキで3段階デッキが弱くなっていると思って戴ければいいかと・・・

めっちゃ2日目でドラフトやる気満々で構築に一切手を付けていなかったため、翌日のPTQを諦め日曜はサイドイベントエンジョイ勢が確定しました。

明日早起きする必要もなくなったのでホテルの周り(旺角駅周辺)を2時間くらい散策してから就寝。

ちなみに。あとから調べたことでわかったことですが、旺角は世界でも有数の「人口密度が高い地域」らしいです。道理であんな人がいたわけだ・・・

・香港3日目(日)

2日目行けなかったし、観光をしているのもアリだったのですが、今回GP主催のChain Linksはサイドイベントのシステムが特殊?で

・サイドイベントの景品をもらえるチケット数がICカードに記録されている
・さらにそのICカードにGP早期登録特典としてオンデマンドイベント(いわゆる8人揃い次第のフライト式トーナメント)半額チケットが3回分入っている

右のカードがそれ。左の島は大きさ比較用。

先日のLCTである程度チケットを稼いでいたのもあり、純粋に遊び得!ということで9時にはイベント会場にいって3回ドラフトしました。

結果は3没・3没・2没で1回も3連勝できませんでした。特に3回目のドラフトは1-1から青緑マーフォーク固め打ちをして上からもそれなりにカードが流れてきていたにも関わらず、下が2色被り(しかもデッキにすらなってない)、上が宝物などの色サポートがないナチュラルな4色デッキで、しかも座っていた場所間違ってた、とかで2戦目に謎4色とあたりナチュラルに4ターン目に4色が揃う剛腕を見せつけられて負けました。正直、あれはひどかった。

ちなみに2回目ドラフトデッキは最近ちょくちょくやる緑白の超安上がりランプデッキです。余りもので組みあがるのでお気に入りです。

ちょうどチケットが1boxもらえるくらいはたまったので、それで箱をもらって開封して、空港に向かうことにしました。ちなみに1box開封結果は・・・お察しください・・・

飛行機が深夜発で時間が有り余っていたこと、とはいえ下手に観光すると色々とはまって遅刻・帰国できない可能性もあり得ることもあり、ゆっくりと空港へ向かうことにしました。空港への行き方としては、タクシーや到着時に使用した直通MTRなどがわかりやすい&早く到着するわけですが所持金(香港ドル)が乏しかったのと、鈍行で向かったほうが超安いことに気付いたため、鈍行手段で向かうことにしました。空港近くの駅(東桶駅)までMTRを使い、そこからバス移動という方法。

空港→九龍駅が100香港ドルくらい掛かっていたのに、イベント会場の九龍港駅から東桶駅+バス代で25香港ドルも掛かりません。時間が余っているなら全然このほうがいいと思います。公共交通機関を使いますからタクシーみたいにぼったくられませんし、変な方向へ運ばれることもありませんし。ちなみにこの行き方を見つけたのはホテル近辺の道をうろついていた時に空港行きのバスが運行していて、気になって調べた結果見つけた行き方でした。今度香港に行く機会があったら、また使おうと思います。

空港でクッソ早くチェックインしたあと、電源のあるコーナーを占拠して色々遊んでいたら時間になって帰国。

・香港まとめ

GPの結果としてはグダグダで満足いくものではありませんでしたが、(泊まった宿の清潔さ以外では)街並みも綺麗で、食事も注文しやすい店が多く、コンビニも至る所にあるため日本での暮らしに慣れている人も比較的問題なく楽しめる街だと思いました。ちなみに、物価はそこまで安くない(飲食は日本とほぼ一緒)、街全体が中国系特有の匂い(香辛料の八角の匂い)がするので、それが苦手な人には苦痛になるかもしれません。

あと今回利用した飛行機は香港エクスプレスというLCCでした。東京・香港間ならこの航空会社が一番安いことが多いですが、可も無く不可も無く、といった感じのところで格段にいいサービスを受けられるわけではありません。ただ、アプリによるオンラインチェックインが可能だったおかげで、搭乗手続きでやたらと並ばされる必要がなかったのはいい点だと思いました。

以上、香港編終了。次回その3・上海編に続く。

トップへ戻る