スポンサーリンク

鈍行TALブログ その15 〜GP上海で使ったデッキ紹介〜

どうもTALです。

これから数回にわけて、香港・上海GP参戦記を書いて行こうと思いますが、相当長くなりそうなので、まずは上海GPで使用したデッキが出来た経緯などを伝えていきたいと思います。

・デッキ選択について

デッキを組み始めたのはGP香港が終わって帰国してから。なので、本番10日前くらいです。

メタを無視したデッキ選択もアリですが、10日間でそこまで成熟したデッキを構築するのは無理と感じ、色々なところで結果を残したデッキを眺めて自分にしっくり来そうなデッキを探すことに。

とりあえずティムール(4C)エネルギーと赤単以外でパッと目に付いたデッキがこれでした。

青黒コントロール?(岩SHOWの「デイリー・デッキ」)

個人的に黒系のコントロールデッキが好きなのと、相手の虚をつける可能性があるデッキであることを考えるとアリだなあ、と思い完コピして回してみることにしました。

そこで感じたのが、《才気ある霊基体》《帆凧の掠め盗り》の対ティムールでの強さ。特に《才気ある霊基体》はダメージレースにも強く、《逆毛ハイドラ》などの巨大で触りにくいクリーチャーに対しても普通に1:1取れますし、《スカラベの神》が着地したら除去しづらくなったり、色々と悪さしかしません。《帆凧の掠め盗り》はティムールだと少ないスペルを奪い取ったり、《強迫》と同様な使い方が出来たり、《スカラベの神》降臨後は速やかにフィニッシャーに化けます。1/2飛行というボディが飛行機械トークンをふんわりと牽制してくれるのもかなり大きかったです。

純粋なコントロールと比べ、《栄光をもたらすもの》に弱くなっている点が気になりましたし、ティムールとの負け試合はそれだけでした。ただ、元々大振りなカードでもありますので意識しておけばなんとかなるかな、とも。

赤単にはこちらのデッキがどちらかといえば、クリーチャーで盤面を抑えていくデッキなため《地揺すりのケンラ》《アン一門の壊し屋》でブロック制限をされるときつく、ダメージレースを挑んでも勝てるわけもなく、入っているカードの割には相性が悪く感じました。が、赤単がティムール対策に上記クリーチャーの代わりにヘイトベアー戦略が主流になったため、特に《地揺すりのケンラ》が減ったのが追い風になっています。

自分に合っているのもあり少し回しましたが、クリーチャーが少ないのもあって《航路の作成》がうまく使えないことも多く、確定カウンターもないためコントロール対決ではどうしてもゴミが多くなりやすかったり、ティムールの《ならず者の精製者》が微妙に嫌らしいことも多かったり。《ならず者の精製者》に対しての回答を探した結果「自分でも使っちゃえばいいんじゃ?」ということになり、入れて回してみると《航路の作成》が相当生きてくることがわかり、あとは色々マナベースをいじった結果出来たデッキが今回のデッキです。

ベースが黒青タッチ緑なため《霊気との調和》が使えず、その枠が《進化する未開地》になっています。そもそも1ターン目に緑、2ターン目に黒黒というのは相当引きがよくないとダメだしね。

島1森2というバランスは、特に4枚目以降のアンタップインする緑マナが少ない構成なため、ナチュラルに引いたら美味しいのが森だろう、というオカルトな発想ですが、青2マナでなくてギアハルクホールドを食らっていた場面もあったので島2森1のほうがいいかもしれません。

色マナ拘束はかなり強いデッキ(特に最序盤)ですが結構慎重に計算した結果こうなったので、比較的ちゃんと色マナは出ると思います。時々噛み合わない時もあるけど、それはティムールも一緒ですしね。

カード個々に関しての説明はある程度上記でしてあるので割愛します。

現状環境の中心にいるデッキ(ティムール・赤単)には有利なものの、トークンや王神など攻める方向が違うデッキや、純粋なコントロール相手はメイン戦はかなり辛いです。サイド後もそこまでよくなりませんが、ドローソースは多いのでアドバンテージゲーをうまく制すれば純コントロール相手ならワンチャンあります。コンボ&コントロールの白青王神は相性差最悪です。

今回、メインボードの調整に必死でサイドボードが結構ふわっとしているせいで、サイド後で本当に活躍したカードがなく、その代わり2-0で勝つマッチがやたら多かったのでそれだけメインボードはメタにしっかり合っていたのだと思いますが、苦手なデッキにも戦えるサイドボードをしっかり作るべきだったな、とは思いました。

仮想敵がはっきりしている環境であれば、比較的遊べるデッキだと思いますのでよかったら試してみてください。(少し値は張りますが・・・)

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    苦言は?

    • TAL より:

      このデッキへの苦言やスペルの使用感などが聞きたい!などの質問があったらコメ欄かtwitterに直接お声がけください。
      返信していきます。

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    これは面白い

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    TALプロへの挑戦の軌跡として、今後もレポよろしく

  4. 名無しの速攻クリーチャー より:

    スカラベの値段がまじでネックなのが困る

  5. 名無しの速攻クリーチャー より:

    削剥やら稲妻の一撃やらでタフ3以下は人権なさそうだけど、平気ンゴ?

    • TAL より:

      回してみるとわかりますが、才気ある霊基体は赤単相手の場合対処できなければイージーウィンになりますし、テンポ的に損をしているわけでもないですし、相手が火力で対処したあとにスカラベの神が降臨して復活したらそれこそゲームが終わります。
      帆凧の掠め盗りも避雷針になりますし、意外と才気ある霊基体は盤面に定着しやすいです。どちらかといえば、絆魂を無効化する暴れ回るフェロキドンを引かれまくるときつくなることが多くなりますので、除去はそこを狙っていく形になります。

  6. 名無しの速攻クリーチャー より:

    速攻ガチ勢

  7. 名無しの速攻クリーチャー より:

    色マナきつそうね

  8. 名無しの速攻クリーチャー より:

    白青コン使ってるけどお客様なデッキで助かる
    もっと流行って

トップへ戻る