スポンサーリンク

【MOスタン5-0】PW集まれ!「4色コントロール」【デッキ紹介】

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。

公式該当ページ(英語)

デッキリストはコチラ。

クリーチャー:9
4:《つむじ風の巨匠》KLD
4:《ならず者の精製屋》AER
1:《スカラベの神》HOU

呪文:29
2:《マグマのしぶき》AKH
2:《本質の散乱》AKH
2:《削剥》HOU
4:《蓄霊稲妻》KLD
4:《霊気との調和》KLD
2:《アズカンタの探索》XLN
2:《開拓+精神》AKH
3:《ルクサの恵み》AKH
1:《慮外な押収》KLD
3:《反逆の先導者、チャンドラ》KLD
2:《生命の力、ニッサ》KLD
1:《秘宝探究者、ヴラスカ》XLN
1:《王神、ニコル・ボーラス》HOU

土地:22
1:《島》XLN
1:《沼》XLN
2:《山》XLN
3:《森》XLN
4:《霊気拠点》KLD
4:《植物の聖域》KLD
4:《尖塔断の運河》KLD
3:《根縛りの岩山》XLN

サイドボード:15
2:《貪る死肉あさり》XLN
2:《多面相の侍臣》AKH
2:《チャンドラの敗北》HOU
2:《呪文貫き》XLN
3:《否認》AER
2:《真っ二つ》XLN
1:《焼けつく双陽》AKH
1:《破滅の刻》HOU

マナコストと色のバランスです。

割と均等に色が配分されていますね。
マナは2〜3辺りが濃く、マナ加速・クリーチャー・除去などが集中しています。
4マナ以降はPWなどのアドを取れるカードが多いですね。

それではデッキの動きを見ていきましょう。

序盤 1〜2マナ圏

多色の要である霊気との調和でマナ基盤とエネルギーを得つつ、除去や打ち消しで序盤を乗り切りましょう。2枚採用されたアズカンタは、序盤に置けると嬉しいですね。

中盤 3〜4マナ圏

アタッカーにもブロッカーにも抜群の性能を誇るつむじ風の巨匠や、エネルギー・ドロー・パワー3とデッキに噛み合ったならず者を展開していきましょう。
分割カードの開拓+精神は、デッキのマナ域を押し上げると同時に、余波がインスタントドローなのが便利ですよね。消耗戦になったら隙を見て使いましょう。

ルクサの恵みはやや悠長ではありますが、除去られにくくドローもマナ加速もできて便利。相手と盤面、手札状況を選らんで貼りましょう。

終盤 5〜マナ

各種PWを展開していきます。
PWは巨匠のトークンや、各種除去で守りながらアドを得ていきましょう。
マナ域もチャンドラ(4)→ニッサ(5)→ヴラスカ(6)→ボーラス(7)と揃っているので、毎ターン順番に出していければ投了待った無しですね。

サイドボード

追加の打ち消しや全体火力の他に、置物対策の真っ二つ。早いデッキに死肉あさりやチャンドラの敗北などが用意されていますね。

サイド後は重めのPWをがっつり減らして、ビート寄りにしても面白そうです。

以上いかがでしたでしょうか。

やはりPWを並べるのはアベンジャーズ感があっていいですよね。
プロツアーでもこんなのを見たい!・・・だめ?

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    アベンジャーズにも入れてもらえないファートリおばちゃん

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    どちらかと言うとスーサイドスクワッド感

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    エネルギー裏番長のならずものくん迫真の括約

トップへ戻る