スポンサーリンク

【MOスタン5-0】マナ加速から叩きつける「緑白青ターボ副陽」【デッキ紹介】

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。

公式該当ページ(英語)

デッキリストはコチラ。

呪文:35
4 《副陽の接近/Approach of the Second Sun》
4 《燻蒸/Fumigate》
4 《約束の刻/Hour of Promise》
4 《開拓/Spring》 // 《精神/Mind》
1 《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow》
1 《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
4 《至高の意志/Supreme Will》
3 《魔学コンパス/Thaumatic Compass》
4 《排斥/Cast Out》
3 《楽園の贈り物/Gift of Paradise》
3 《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
土地:25
4 《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2 《不屈の砂漠/Desert of the Indomitable》
1 《森/Forest》
1 《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
4 《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4 《灌漑農地/Irrigated Farmland》
1 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
1 《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes》
3 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
1 《沼/Swamp》
サイドボード:15
1 《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2 《領事の権限/Authority of the Consuls》
3 《砂漠の拘留/Desert’s Hold》
1 《腹背/Failure》 // 《面従/Comply》
2 《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
4 《否認/Negate》
2 《スカラベの神/The Scarab God》

マナコストと色のバランスです。

それではデッキの動きを見ていきましょう。

序盤 1〜2マナ圏

基本的には土地を置いてゴー!序盤は我慢の刻となります。
アズカンタの探索や魔学コンパスなどが引ければ置いておきましょう。

中盤 3〜4マナ圏

ここからは土地を伸ばしつつ、盤面のヤバいやつを処理していきます。破壊不能や呪禁を持つ連中は警戒した方がよさそうですね。
それらが無い連中は極力オラーズカの尖塔を並べて持ちこたえたい所。

終盤 5マナ〜

やりたい事を叩きつける刻がスタート。
盤面を更地にしつつ、マナを伸ばしてゾンビを産みつつ、勝利条件を達成していきます。

サイドボード

早いデッキ用に領事の権限や砂漠の拘留などが、コントロール相手にはスカラベの神や否認が積まれていますね。

以上いかがでしたでしょうか。

ビートダウン系デッキには強そうですが、メインから打ち消しや青機械巨人を積んだ青黒コン系には厳しそう?
サイド後もハンデスと打ち消し増えてそうだし、腹背+面従で無理やり通すとかでしょうか。

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    サイドから否認される刻不可避

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    恐竜がこれに当たったら白目になりそう
    これが青黒コンに当たったら白目になりそう

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    こういうやる気デストラクション系好きよ

  4. 禿 より:

    ワイジ見る目ないから接近なんてネタだと思ってたけど相手すると少ない髪の毛が抜けそうなほどつらいンゴ…

  5. 名無しの速攻クリーチャー より:

    赤単系とか機体とか減ってきたけど、もしあたったら勝てる気がしない

トップへ戻る