スポンサーリンク

公式による「Commander Anthology」開封動画!

公式より6/9 に発売される「Commander Anthology」の開封動画がアップされたのでご紹介いたします。

Commander Anthologyとは
「統率者戦」は、多人数で遊べるマジックのフォーマットです。プレイヤーたちは「統率者」と呼ばれる伝説のクリーチャーを含めて各カード1枚ずつで100枚のデッキを作って戦います。他の遊び方とは異なるユニークなデッキ構築やプレイ体験を得られることでしょう。  『Commander Anthology』では、過去の『統率者』シリーズから厳選された4つのデッキが収録されます。

まずは動画を見てみましょう!

封入されるものはこちら。

「天界の業火」デッキ

  • 2011年に発売された『統率者』シリーズ第一弾からの収録。
  • プレイヤーは強力な天使やドラゴン、デーモンを召喚して戦います。
  • マジック・ファンの間でも特に人気のクリーチャー・タイプを扱えるこのデッキは、プレイも難しくありません。
  • 統率者はフォイル仕様の《巨大なるカーリア》。

Heavenly Inferno

「回避態勢」デッキ

  • 『統率者(2013年版)』からの収録。
  • 大人気の鳥・ウィザードが帰ってきます!
  • このデッキでは、「ブリンク」効果を用いて「戦場に出たとき」の能力を使いまわす戦略を楽しめます。
  • 統率者はフォイル仕様の《浄火の戦術家、デリーヴィー》。

Evasive Maneuvers

「自然の導き」デッキ

  • 統率者として使用できるプレインズウォーカーが登場した『統率者(2014年版)』からの収録。
  • (最も人気のあるクリーチャー・タイプのひとつである)エルフが持つ強力なシナジーを活かし、対戦相手を圧倒するデッキです。
  • 統率者はフォイル仕様の《ラノワールの憤激、フレイアリーズ》。

Guided by Nature

「墓場の略奪」デッキ

  • 「経験カウンター」が登場した『統率者(2015年版)』からの収録。
  • 「生け贄」テーマと強力なリアニメイト効果によって、クリーチャーを何度も戦場に戻して戦うデッキです。
  • 統率者はフォイル仕様の《ネル・トース族のメーレン》。

Plunder the Graves

特製デッキボックス

  • スリーブをつけてもデッキを収められる大きさです。
  • 各デッキボックスは、デッキ名と統率者のアートで彩られています。

物語が書かれた小冊子とライフカウンター

  • 4体の統率者の背景ストーリーがまとめられています。
  • また統率者戦のルールも記載されています。

デッキだけでなく、デッキボックスやライフカウンターもかっこいいですね!

速攻紳士達のコメント

  1. 名無しの速攻クリーチャー より:

    カーリアしか目玉がないという

  2. 名無しの速攻クリーチャー より:

    これ日本語版ある?

  3. 名無しの速攻クリーチャー より:

    ないあるよ

  4. 名無しの速攻クリーチャー より:

    開封というよりも公式による製品紹介動画の方が正しくない?

トップへ戻る